CONCEPT

コンセプト

多種多様なイベントワークを次世代へ発信

良いデザインとは、美しさやカッコよさといった「見た目だけ」で完結するものではなく、コンテンツを取りまく「空間の取り方」や「動きと連動した機能性」が求められ、それを見る人、それを使う人が体感的に感じ取れるものでなければなりません。洗練されたデザインと連動したロールオーバーアクションを実現。

良いデザインとは美しさやカッコよさといった見た目だけではなく
見る人、使う人が体感的に感じ取れるもの

ウェブサイトのファーストビューは、アクセスしてきたユーザーが「自分の興味のあることが掲載されているか?」を判断する重要なポイントになります。ユーザーが最初に目に付く「AVANT」のトップヘッダーには、ブラウザ幅いっぱいに広がる記事一覧や画像・動画を設定することで「どんな情報を提供しているサイトなのか」を一目で伝えることができます。また、トップページを構成する「特集コンテンツ」「お知らせコンテンツ」「イベントコンテンツ」「ブログコンテンツ」「フリースペース」の5つのコンテンツは、コンテンツビルダーから簡単に表示・非表示が設定でき、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、表示する順番も自由に移動することができます。

ユーザーにイベント情報を伝えるためのイベントページ・特集ページが文章のみで構成されていたとしたら…情報が伝わりにくいだけでなく魅力も半減してしまいます。イメージ画像を表示したり、ページ内に画像スライダーを入れたり、詳細情報をテーブル形式でを整理たり、タブを使ってグルーピングしたり、それを読む人の興味を引き付けられるように構成することで、離脱を抑え精読率を高めることができます。「AVANT」の固定ページは、記事内を1から最大6カラムまで自由に分割することができ、作成したコンテンツの順番を入れ替えることができるページビルダーに対応しているため、洗練されたレイアウトのぺージコンテンツを簡単に作成可能です。

コンテンツを取りまく空間の取り方、デザインと調和したアクションで
イベントスケジュールをわかりやすく掲載

スマートフォンやタブレットの普及によるモバイル環境でのインターネットの利用が、私たちの生活と切っても切れないほど浸透した昨今において、Googleが推進する「モバイルファースト」が持つ意味も日に日に存在感を増しています。去る2018年3月27日には、約1年半のテスト期間を経て、モバイルファーストインデックスへの移行をGoogleウェブマスター向け公式ブログで正式に発表しました。ウェブサイトの評価がこれまでのPCユーザー視点からモバイルユーザー視点に置き替わることについて、2015年時点ではすでに「モバイル検索の割合が過半数を突破した」と発表されていることからも、ごく自然な成り行きと言えるでしょう。

モバイルファーストが巷で囁かれた頃とほぼ同時期にコンテンツファーストというワードもよく聞かれるようになりました。モバイル環境の利用が劇的に増加したことで、PC用サイトよりもモバイル用サイトに比重を置き、モバイル用サイトを第一に設計・デザインすることがモバイルファーストの定義ですが、これはモバイル環境からでもコンテンツの制限を受けるべきではない(=PC用サイトと同じようにコンテンツが閲覧できる)という価値観から来ています。Googleが検索順位を決定する要因には200以上のアルゴリズムが存在していますが、その中でも重要とされている要素はオリジナリティーのある「質の高いコンテンツ」です。

ユーザーにイベント情報を伝えるためのイベントページ・特集ページが文章のみで構成されていたとしたら…情報が伝わりにくいだけでなく魅力も半減してしまいます。イメージ画像を表示したり、ページ内に画像スライダーを入れたり、詳細情報をテーブル形式でを整理たり、タブを使ってグルーピングしたり、それを読む人の興味を引き付けられるように構成することで、離脱を抑え精読率を高めることができます。「AVANT」の固定ページは、記事内を1から最大6カラムまで自由に分割することができ、作成したコンテンツの順番を入れ替えることができるページビルダーに対応しているため、洗練されたレイアウトのぺージコンテンツを簡単に作成可能です。

ウェブサイトのファーストビューは、アクセスしてきたユーザーが「自分の興味のあることが掲載されているか?」を判断する重要なポイントになります。ユーザーが最初に目に付く「AVANT」のトップヘッダーには、ブラウザ幅いっぱいに広がる記事一覧や画像・動画を設定することで「どんな情報を提供しているサイトなのか」を一目で伝えることができます。また、トップページを構成する「特集コンテンツ」「お知らせコンテンツ」「イベントコンテンツ」「ブログコンテンツ」「フリースペース」の5つのコンテンツは、コンテンツビルダーから簡単に表示・非表示が設定でき、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、表示する順番も自由に移動することができます。

施設内は安全性と機能性に優れた自然由来の素材を採用しモダンで落ち着いた印象で統一

できるだけスペースを細かく区切らず、開放感を重視したフレキシブルなプランを採用


Notice: Undefined index: show_google_top in /home/tcdwp4/tcdwp4.xsrv.jp/public_html/avant_demo/wp-content/themes/avant_tcd060_cs/inc/footer.php on line 53

Notice: Undefined index: show_google_btm in /home/tcdwp4/tcdwp4.xsrv.jp/public_html/avant_demo/wp-content/themes/avant_tcd060_cs/inc/footer.php on line 53